夢みたものは 立原道造

合唱曲/夢みたものは ひとつの幸福 ねがったものは ひとつの愛

『夢みたものは』は、昭和初期に活躍した詩人・立原 道造(たちはら みちぞう/1914-1939)の詩を元にした合唱曲(作曲:木下牧子)。

立原道造は結核を患い、24歳の若さで夭逝したが、亡くなる数年前から勤務先の女性・水戸部アサイと清い交際を続けていた。

1937年6月5日の日曜日、道造はアサイを誘って軽井沢へ日帰りの小旅行へ出かけた。信濃追分駅近くの草むらで、道造はアサイにプロポーズをしたという。

1938年、立原道造はアサイと過ごす幸せな時間を一篇の詩にしたためた。愛する喜びに世界は光り輝き、目に映るすべてが幸せに満ち溢れていた。

立原道造『夢みたものは』

夢みたものは ひとつの幸福
ねがったものは ひとつの愛
山なみのあちらにも しずかな村がある
明るい日曜日の 青い空がある

日傘をさした 田舎の娘らが
着かざって 唄をうたっている
大きなまるい輪をかいて
田舎の娘らが 踊りをおどっている

告げて うたっているのは
青い翼の一羽の 小鳥
低い枝で うたっている

夢みたものは ひとつの愛
ねがったものは ひとつの幸福
それらはすべてここに ある と

【試聴】夢みたものは

その後の二人について

『夢みたものは』を書き上げた立原道造は、その年の12月に喀血(かっけつ)し容体が悪化。この時すでに手遅れの状態にあった。アサイの献身的な看病も実らず、3か月後の1939年3月29日、立原道造は24歳の若さでこの世を去った。道造とアサイは最後まで清い間柄だったという。

関連ページ

学校・コンクールで歌う有名な合唱曲
『大地讃頌』、『手紙』、『YELL エール』、『心の瞳』など、小学校や中学校、高校の音楽の授業や校内合唱コンクール、NHK合唱コンクールなどで歌われる有名な合唱曲