信じる 谷川俊太郎

合唱曲/安保闘争を闘い抜いた谷川俊太郎による反戦メッセージ

合唱曲『信じる』は、2004年のNHK全国学校音楽コンクール(Nコン)中学校の部・課題曲。作詞:谷川俊太郎、作曲:松下耕。

Nコン後も校内合唱コンクールなどで歌われる機会が多く、卒業式関連の行事で歌われることもあるという。

歌詞の中で唐突に「地雷」という反戦キーワードが盛り込まれ、歌の約3分の1を「平和」について考えさせるという、美しい詩とメロディの中へ大胆に溶け込んだ反戦・平和ソングの側面が見え隠れする。

反米・反戦と谷川俊太郎

ソ連共産党の大きな援助を受けた社会党や共産党などの「日本の民主勢力」が、日米安全保障条約に反対して起こした反政府・反米運動である安保闘争。合唱曲『信じる』作詞者の谷川俊太郎もそこに加わっていた。

安保闘争で左翼的な立場から反米・反戦運動を闘い抜いた谷川俊太郎の作品には、「平和」、「反戦」、「民主主義」といったメッセージが随所にちりばめられている。合唱曲『信じる』もその流れをくむ作品といえよう。

【試聴】合唱曲 信じる

関連ページ

学校・コンクールで歌う有名な合唱曲
『大地讃頌』、『手紙』、『YELL エール』、『心の瞳』など、小学校や中学校、高校の音楽の授業や校内合唱コンクール、NHK合唱コンクールなどで歌われる有名な合唱曲