名づけられた葉

合唱曲/私は呼ばれる 私だけの名で 朝に夕に

『名づけられた葉』は、飯沼信義作曲、新川和江作詞による合唱曲。同じ詩に加賀清孝も曲を付けている。

中学生の合唱コンクールなどで難易度高めの大作として選ばれ、この曲で最優秀賞・優勝を獲得した経験者も少なくないと思われる。

「ポプラの木にはポプラの葉」の歌い出しで知られるこの曲の歌詞では、緑の木々に茂る一枚一枚の葉に人々の人生を重ね、「名づけれれた葉」としての「わたし」の生き方を問う深遠なテーマが扱われている。

作曲者の飯沼信義はNHK全国学校音楽コンクールの課題曲をいくつか手がけており、『うつくしい鐘が…』(昭和56年度)、『朝のバス』(平成2年度)、『六年生の夏』(平成7年度)などがある。

名づけられた葉 校内合唱コンクールライブ盤

【試聴】合唱曲 『名づけられた葉』

【試聴】合唱曲 『名づけられた葉』 加賀清孝

関連ページ

学校・コンクールで歌う有名な合唱曲
『大地讃頌』、『手紙』、『YELL エール』、『心の瞳』など、小学校や中学校、高校の音楽の授業や校内合唱コンクール、NHK合唱コンクールなどで歌われる有名な合唱曲