希望という名の花を

合唱曲/風に吹かれながら 未来さがしながら 小さな花を咲かそう

『希望という名の花を』は、作詞・作曲:山崎 朋子、2007年に音楽之友社から出版された合唱曲。中学校・中学生向けの混声三部合唱版、小学校・小学生向けの同声二部合唱版などの楽譜がある。

「時を超えて君に会いに行く♪」の歌い出しから始まるAメロは美しく、モーツァルト交響曲第41番第4楽章に登場するジュピター音型を彷彿とさせる(教育芸術社のプロフィール集では、作曲者:山崎 朋子の「好きな作曲家・音楽家」欄には一番最初にモーツァルトの名前が明示されている)。

歌詞では、「思い出を胸に」、「明日へ向かい」、「未来」、「新しい光」など、旅立ちを予感させるようなキーワードも散見され、音楽の授業や合唱コンクールなどで歌われるほか、卒業シーズンに卒業式などの校内行事で歌われる機会も少なくないようだ。

ちなみに、山崎 朋子氏による他の合唱曲としては、『明日の空へ』、『大切なもの』、『手のひらをかざして』、『君に伝えたい』などがある。

【試聴】希望という名の花を

関連ページ

大切なもの
『希望という名の花を』を作曲した山崎朋子氏による卒業ソング
学校・コンクールで歌う有名な合唱曲
『大地讃頌』、『手紙』、『YELL エール』、『心の瞳』など、小学校や中学校、高校の音楽の授業や校内合唱コンクール、NHK合唱コンクールなどで歌われる有名な合唱曲