ひとつの朝

合唱曲/今、目の前にひとつの朝 さあ飛び立とう あの鳥たちのように

『ひとつの朝』は、1978年・1984年NHK全国学生音楽コンクール高校生の部における課題曲。

コンクール以後は混声三部版に編曲され、中学合唱の定番曲として歌われている。後に『時の狩人』、『樹よ』が追加され、合唱組曲「ひとつの朝」となった。

作曲は、『若い翼は』、『気球にのってどこまでも』で知られる平吉 毅州(ひらよし たけくに/1936-1998)。

作詞は、『グリーングリーン』、『勇気一つを友にして』などで有名な片岡輝(かたおか ひかる/1933-)。

ひとつの朝 混声三部合唱

【試聴】ひとつの朝

【試聴】ひとつの朝

関連ページ

学校・コンクールで歌う有名な合唱曲
『大地讃頌』、『手紙』、『YELL エール』、『心の瞳』など、小学校や中学校、高校の音楽の授業や校内合唱コンクール、NHK合唱コンクールなどで歌われる有名な合唱曲