はじまり 合唱曲

学校で歌う合唱曲

『はじまり』は、作詞:工藤直子、作曲:木下牧子による合唱曲。歌い出しの歌詞は「畠があり(はたけがあり) 川があり」。

歌詞では、人間の営みの象徴ともいえる畠(畑)から、川、森、地平線、雲、星と地球・宇宙規模の事象へとスケールアップしていき、人間のちっぽけな悩みや欲求など意に介さぬかのように悠然と回り続ける地球と自然の雄大さが描写されている。

作曲者の木下牧子は若い頃に管弦楽曲・オーケストラ作品を得意としていただけあって、ドラマチックでスケールの大きい流麗な「地球規模の」ワルツが聴く者の胸を揺さぶる。

工藤直子の詩に木下牧子が曲をつけた合唱作品としては、『はじまり』以外にも、混声合唱曲集「光と風をつれて」や、第73回(2006年度)NHK全国学校音楽コンクール小学校の部課題曲となった『まいにち「おはつ」』などがある。

ちなみに、工藤直子の息子は、小学館ビッグコミックスピリッツで連載された「鉄コン筋クリート」で知られる漫画家の松本大洋。

【試聴】合唱曲『はじまり』

関連ページ

学校・コンクールで歌う有名な合唱曲
『大地讃頌』、『手紙』、『YELL エール』、『心の瞳』など、小学校や中学校、高校の音楽の授業や校内合唱コンクール、NHK合唱コンクールなどで歌われる有名な合唱曲