オーハッピーデイ
Oh Happy Day

ゴスペル/おお、幸せなる日! 神が私の罪を清めたもうた!

天使にラブ・ソングを 2

『Oh Happy Day』は、1967年にリリースされたゴスペル・ソング。18世紀の賛美歌が元になっている。

1969年のポップチャートではアメリカで4位、イギリスで2位を記録。ゴスペルのスタンダード曲として定着している。

映画「天使にラブソングを2」で人気に

1993年公開のアメリカ映画『天使にラブソングを2(SISTERS ACT 2)』では、『Oh Happy Day』が劇中歌としてクローズアップされ、世界でリバイバルヒットを記録した。

同作は、前年にヒットした『天使にラブ・ソングを…』の続編。社会奉仕先の高校で音楽担当として赴任した主役のデロリスが、聖歌隊の活動を通して子供達を正しい道へ導いていく。

なお、同作では他にもゴスペルソング『ジョイフルジョイフル Joyful Joyful』が劇中の重要な場面で歌われ注目を集めた。

【試聴】オーハッピーデイ Oh Happy Day

歌詞・日本語訳(意訳)

Oh, happy day
When Jesus washed
He washed my sins away
Oh, happy day

おお、幸せなる日
神が私の罪を清めたもうた
おお、幸せなる日

He taught me how to match
Fight and pray,fight and pray
And live rejoicing day
Free day,every day

神は教えたもうた
調和を、努力を、祈りを
そして喜びに満ちた自由な日々を

関連ページ

卒業ソング・卒業式の歌
『旅立ちの日に』、『仰げば尊し』、『Believe ビリーヴ』など、学校の卒業式や卒業関連イベントで歌われる卒業ソング特集
学校・コンクールで歌う有名な合唱曲
『大地讃頌』、『手紙』、『YELL エール』、『心の瞳』など、小学校や中学校、高校の音楽の授業や校内合唱コンクール、NHK合唱コンクールなどで歌われる有名な合唱曲