リベラ『あなたががいるから』
Libera - You were there

イギリスの少年合唱団リベラによる現代のアンティフォナ

リベラ ミニ・ベストアルバム「生命の奇跡」

『あなたががいるから You were there』は、イギリスの少年合唱団、リベラ(Libera)による声楽曲。美しいボーイソプラノが特徴。

2009年1月公開の映画『誰も守ってくれない』の主題歌として採用されたことでも知られる。

歌詞の中では、悩める者を救い給う聖母マリアへの畏敬と信心が暗示され、ラテン語のアンティフォナ(交唱)がサビに登場する。

アンティフォナって何?

アンティフォナとは、カトリック教会の聖務日課における終課において、合唱を2つに分けて交互に歌う聖歌のこと。

有名なアンティフォナとしては、映画「天使にラブソングを」でも歌われた「サルヴェ・レジーナ (Salve regina) 」がある。

【関連ページ】 サルヴェ・レジーナ Salve regina 歌詞と日本語訳・試聴

【試聴】リベラ あなたががいるから You were there

【関連ページ】 聖歌・讃美歌・天使のメロディ特集へ

<アンティフォナの歌詞・日本語訳>

Ave, regina caelorum decora
Virgo gloriosa, ave!

めでたし 麗しき聖母マリア
輝ける乙女よ めでたし

少年合唱団リベラ(Libera)とは?

少年合唱団リベラ(Libera)は、イギリスのサウスロンドンを拠点として活動しているコーラスグループ。

リベラ 新しい夜明けリベラ 新しい夜明け

メンバーのほとんどは、拠点のあるサウスロンドン在住者で、7-18歳までの男子から選ばれる(正確な人数は不明)。

前身は、1984年に発足したセント・フィリップス少年合唱団(The Saint Philip's Boys' Choir)。1990年にはAngel Voicesと改名した。

以前は正統派の聖歌隊だった

90年代には正統派聖歌隊として活動してきたが、1998年、聖歌を基本としつつも、その枠にとらわれない自由な方針に転換した。

この方針転換にあわせて、団体名を現在の「リベラ」へと改名した。ちなみに、リベラとはラテン語で「自由」を意味する。

日本では、2001年のNHKドラマ「ある日、嵐のように」主題歌の『サルヴァ・メ』、2006年のNHK土曜ドラマ「氷壁」の主題歌『彼方の光 "Far away"』が知られている。

【関連ページ】 聖歌・讃美歌・天使のメロディ特集へ

【試聴】リベラ サルヴァ・メ "Salva Me"

【コメント】 2001年のNHKドラマ『ある日、嵐のように』の主題歌。

関連ページ

卒業ソング・卒業式の歌
『旅立ちの日に』、『仰げば尊し』、『Believe ビリーヴ』など、学校の卒業式や卒業関連イベントで歌われる卒業ソング特集
学校・コンクールで歌う有名な合唱曲
『大地讃頌』、『手紙』、『YELL エール』、『心の瞳』など、小学校や中学校、高校の音楽の授業や校内合唱コンクール、NHK合唱コンクールなどで歌われる有名な合唱曲